So-net無料ブログ作成
検索選択

So-netブログに関すること [雑感]


So-netのブログ・システムに関しては,色々聞きます。
遅いというのは,以前からの課題です。
仕様が古いのでは?ユーザーの拡大や機能の拡大に対応出来ていないのでは?
表示や投稿も出来ない様な機能不全に陥る時もあります。

So-netは一応はSONYのネットサービス。ブログ事業にどれだけ注力しているかは分りませんが,かくれファン?としては,何とか頑張ってもらいたいと思う訳です。記事を人質に取られている様なものですから,引っ越しするのが面倒という本音もありますが。

サーバーのシステムメンテと言うのは,経験が無いので分りませんが,安定して動くかどうかは「神だのみ」だと聞いたこともあるので,メンテ大変なのだろうなぁと,常々思っていました。

実際面知りませんので多少原理的なことを言えば,たとえばデータの検索を物理的にシラミつぶしに探すならば,検索時間はデータ量に比例して増えますが,当然そんな事はしません。サーバー中のデータは樹木の枝の様に全て関連付けられていて,物理的な位置とは別にその枝を辿ることで瞬時に所望のデータをアクセスできる仕組みです。データのアクセスや通信の様にもともと遅い部分は,それを使うたんびにやっていては時間が掛かってしょうがないので,キャッシュに入れて使います。

Google検索では,増え続ける世界中のサイトから瞬時に所望の記事を検索をして来ます。動画のYouTubeや写真のFlickrなどは,ものすごいデータ量のはずですが,容量の制限も無く,速度的な問題も発生しません。ムダな遅い処理をさせない様に上手く運用しているものだと感心します。

先日スキャナで撮った約1億画素の画像をFlickrに上げてみました(容量は100MBくらいだったと思います)が,何の支障も無くスムーズに上がりました。私が使い出した一昨年は無料の総容量が1GBだか10GBだかで忘れましたが,現在は1TBにまで拡大されていますので,容量を気にせず上げられます。1TBは私のパソコンのHDD容量より大きいです。さらに,オリジナル画像を上げた上で,Web表示用の様々な小さいサイズの画像を貼付けることが出来るので非常に便利です。

わがSo-netブログのファイル容量は1ブログにつき5GBまでです。5つまでのブログを持てますから,合計25GBまで使える事になりますが,1枚の写真の容量が1MBまで,音源は5MBまでの制限が掛けられています。10年前くらいの感覚で上手く使えばそう困る事も無いでしょうが,現在コンデジでも数MB,私の3世代前のiPhoneでも2MBありますから,スマホで撮影した画像でもそのままでは上げられません。ブログ開始初期の頃は,画像ソフトでドットを落としてから上げていました。

たとえば640×480の写真を画面に合わせて表示するのであれば,容量[バイト]は640×480×3色×JPEGの圧縮率ですから,生データでも1MB弱,圧縮率によりますが,数十kBしか食わないはずですし,イラストなどの非写真画像であればGIFやPNGでどんな大きな画像にしたって100kB以下だと思いますので,画像の上限が1MBというのは妥当な制限で,無闇に大きな画像を上げないためのブレーキになっているところがあります。

問題はその手間です。
音楽ブログですと,実録音した音源を上げたくなる事がありますが,音源のサイズの5MBの制限と言うのも結構引っ掛かります。やや時代遅れのCD音質で3分間の録音をしても,44100Hz×2バイト×2チャンネル×180秒=31.752MB,これをSonyさん非推奨?のmp3で圧縮してうまく1/10程度になれば3MBでOKですが,5分間だとアウトです。さらに,高規格で録っていたりすると,mp3に圧縮しても制限の5MBに引っ掛かってしまうことが時々ありました。これが結構めんどくさくて,せっかく苦労して録音して,一手間かけてmp3に変換しても,5MBをオーバーしていると,mp3のビットレートを下げるなどして,データ量を減らさないといけません。また,iOS上では,これの音が(プレーヤー自体も)出ませんので,YouTubeを利用することを結構やりました。

画像にしろ,音源にしろ,上げたいデータが制限容量をオーバーしてしまうと,一手間,二手間掛けないといけなく,これが非創造的で面倒な作業な上,使うソフトによってはかなり質が劣化するような印象があります。

So-netの管理画面にあるファイル機能(操作画面が今この記事書いている下に見えますが)は,古いオマケ機能だと割り切るのが良いと思います。何分処理に時間の掛かるSo-netのサーバーはなるべくお休みさせてあげるのが,ファンとしてのたしなみではないでしょうか。

それから,殆どの方がやっておられると思いますが,キーワードに自動でつく広告はもちろん,初期画面に埋め込まれている広告は速攻で外す,余計なブログパーツの貼付けはしない,なども重要事項でしょう。

ただ時間の掛かりそうな画像や音源を貼り込まなくても,記事の更新そのものにものすごい時間が掛かるというのはどうしたものでしょうか?So-netさんの言いつけ通りオトナしくやっていても,ゴールデンタイムにはブログの表示が極端に遅かったりとか,ユーザーによっては記事を更新してもなかなか反映されなかったりとか,広告付きエラー表示が出て記事更新がなされないとか,広告付きエラー表示が出ても更新自体は反映されていたりとか。私もかなり経験しています。

それから,ランキングは,人によってはインセンティブになると思うのですが,ナゾなところはあります。ブログ自体は,長くやってアクセスを稼いでいれば上位に行くものと思いますが,短期間で記事数が少なくてもアクセス数が急激に上がったものは上位に行く様です。異様なのは,個別の「最新」記事ランキングに,そうアクセスがあったとは思えない何年も前の記事が入っていますが,これもオマケ機能と割り切るかです。
nice!(5)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 5

コメント 8

アヨアン・イゴカー

ブログでもなんでも同じなのですが、SNSは撤退してしまわないことが非常に重要です。YAMAHAのプレイヤーズ王国改めMySoundはこの音楽コミュニティーを閉めてしまいました。そのため、発信する場所がなくなってしまいました。(YAMAHAは音楽作成ソフトXG Worksも製造を中止してしまいました。お蔭で大いに困っています。)音楽コミュニティのmuzieは、経営者が2度ほど変わって、登録や再生に不具合が生じてしまったので、最近は殆ど更新できない状態になっています。こういうことが、真剣に発信している者からすると、頗る腹立たしいことなのです。ソネットブログには今までで一番多くの記事を書いてきていますので、撤退などがないことを切に願っています。
済みません、このような場で愚痴ったりして。
by アヨアン・イゴカー (2014-08-12 00:04) 

Enrique

アヨアン・イゴカーさん,nice&コメントありがとうございます。
全く同感です。いつ止められるかどうか分らないサービスでは,安心して使えないです。
この手のものはなかなか見通しも難しいでしょうが,だからといって,「やって見てダメならば撤退すれば良い」というのでは,名の通った大手がやることでは無いと思います。ユーザーはモルモットに使われているようなものです。私は同サービスを使った事は無いのですが,少なくとも熱心に使って来たユーザーには善後策を示すべきと思います。SoundCloudという音楽投稿サイト,ないしは先日も書いたNoteFlightという楽譜入力ソフト付きのサイトが代替にならないでしょうか。
by Enrique (2014-08-12 07:24) 

Cecilia

私も以前MySoundを使って演奏をアップしたことがあります。
So-netブログにいきなりアップするのは勇気がいりましたが、親しい関係の方にまず聴いてもらうのにちょっとハードルが低かったように記憶しています。ブログに貼り付けるためにYouTubeにアップ、これはかなりハードル高いですね~。
ブログ始めたばかりの頃、プロフィール画像を出すだけでも一苦労でした。ブログにアップするために画像を縮小したり、音源をMP3に変換したりすることなどを覚えましたが、特別なことをしなくてもアップできればいいなとは思います。


by Cecilia (2014-08-12 07:48) 

アヨアン・イゴカー

Enrique様
情報有難うございます。SoundCloudについては、家内に貸しているノートパソコンが戻ってきたら(家内用にPCを一台購入してから)、試してみたいと思います。気にしているのはどのような分野の人が、どの程度登録したり聞いたりしているかなのです。
楽譜入力ソフトはfinaleを購入してあるので、取り敢えずは問題ありません。只、実際に使っているのは使い慣れたXG-Worksです。私にとってはとても便利なソフトだったので、YAMAHAにもう少し頑張って欲しかったのです。
by アヨアン・イゴカー (2014-08-12 09:43) 

Enrique

Ceciliaさん,nice&コメントありがとうございます。
私はMySoundは使った事が無く,たぶん最初がYouTube,次がSo-netブログだったと記憶します。YouTubeも一時期よりは手軽になりましたが,ウチは使用回線のせいでアップロード時間がすごく掛るので,やはり手軽とは言えません。
録音に加え,編集,mp3化,アップロードといったこの手のパソコン操作に関しては,なるべく自動的にやって欲しいものだと思います。音楽やる能力とパソコンの知識・操作は別物ですし。写真に関しては外部のFlickrなどのサービスは無料なのに素晴らしいです。


by Enrique (2014-08-12 15:19) 

Enrique

アヨアン・イゴカーさん,再コメントありがとうございます。
SoundCloudについてはSony Classicalなどの音楽レーベルの投稿も目立ちます。私自身,どの様に使うのかよく分かっていませんが。
XG-Worksについては,惜しむ声も多くありますが,Windows7上では動くようですのでまだ当分使用は可能なのではないでしょうか。
FinaleやSibeliusは,基本はノーテーションソフトでしょうが,音源等も付いていて,一応は音楽制作も出来ます。NoteFlightもそれらのソフトのネット版といったものですが,主力は投稿のようで,譜面はパブリックドメンのもの,ないしはオリジナル曲です。かなり編成の大きなスコアも投稿されています。また,必ずしもネット上での入力ばかりでなくて,MusicXMLといった共通フォーマットでのアップも可能です。

by Enrique (2014-08-12 15:35) 

アヨアン・イゴカー

Enrique様
再びご説明有難うございます。
Windows7でXG-Works動くのですね。今使っているのはXPなのですが、finaleを入れているノートパソコンはwindows7なので、一度試してみたいと思います。
Finaleについては、garritanを入れれば、それを使えばそこそこの録音ができるとYAMAHAに行ってgarritanのオーケストラ音源について質問したことがあります。残念ながらgarritanはもうその音源を販売していないばかりか、どこかの企業に吸収されていました。今使用しているVienna SEをfinaleに入れれば使えますよ、と言われましたが、今使っているXPの方が使えなくなるのが不安で、後回しにしています。我ながら情けない性格です。
by アヨアン・イゴカー (2014-08-12 23:00) 

Enrique

アヨアン・イゴカーさん,どういたしまして。
私はアヨアンさんのように音源を使った制作はしてないので,あまりご参考になるお話は出来ませんが,XG-Workの件はネット上の情報で,Windows7の64bit版で動いたとあります(32bit版でも可能ではないでしょうか)。使い慣れた気に入った音源というのはやはり捨てがたいものなのでしょうね。
OSの件ですが,Windows VISTAは本当にひどいものでMSがすっかりイヤになりました。XPで支障なければ使い続けられるのも一考かと思いますが,ソフト面で支障が出て来ておられるのならば,Windows7はXPとほぼ同じ使い勝手にもカスタマイズできますので,そちらへの移行も良いかと思います。
私は主力をMacに移していて(もともとはそうだったのですが職場のWindowsを使うのが当たり前の空気に仕方なく使っていました),Windows8を使わないといけない時代になったら全面移行する予定です。ノーテーションと音の確認はネット上のNoteFlight(これは1アカウントの無料範囲が25曲まで)かMacBook上でSibeliusでやっていますが,Sibelius用の音源はとんでもなく大きいので入れていません。
それにしても,PCやOSの更新は進化なのか退化なのか分りませんね。せっかくの名ソフトが使えなくなるのでは。
by Enrique (2014-08-13 06:54) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0