So-net無料ブログ作成
検索選択

魔笛の主題による変奏曲・再考(コーダ) [曲目]

EnriqueImage.png
今回はコーダです。最終回です。

最終変奏である流麗な第5変奏から,コーダに直接繋がります。

第5変奏のメロディを引き継いで発展させているようですが,伴奏はカンパネラを伴い,スラーを伴って拡張したアルペジオ奏法など,普段はギターの技巧をことさら目立たせないソルですが,この曲の締めくくりにあたっては,ここぞとばかりに楽器を目一杯鳴らし切ります。下手をすると,わざとらしくなりそうなところですが,なにぶん楽器を知り尽くした達人の作品。この華やかな作品の締めくくりにぴったりおさまっているところが,この曲の人気の理由でもあるのでしょう。

左手の運指に関しては,何箇所か工夫の余地はありそうですが,そう沢山のバリエーションも無いでしょう。強いて挙げれば,譜例1の6小節目の最終拍を②③④でとることくらいでしょうか。かつては①②③のまま小セーハでローポジションにスライドさせていましたが,左右のタイミング合わせが大変でした。ここはセーハを解除して②③④を423でとれば7小節目にスムーズに移行できます。

譜例1.コーダ
演奏的には,第5変奏もそうでしたが,ソルもそうしたであろうという想定で,右手のaを殆ど使いません。と言うか私にはその方が弾きやすいのです。和音や①弦での単発の箇所でのみa指を使って,アルペジオはあらかたpimでやっています。

コーダのアルペジオの入り部分はカンパネラになっていて,弦の順番と出る音の高さが逆転していますので,右手練習をしっかりしないと混乱してきます。第4や第5などの速い変奏曲部分もそうでしたが,コーダは全体的に右手の運指をきちんと決め,右手だけの練習が必要だと思います。楽譜を見ながら右手だけの練習をやってもいいのですが,これが結構難しいです。そこで,めんどうくさいのですが,右手練習用の楽譜(譜例2)を書けば,やりやすくなります。曲としてある程度弾けているつもりでも,これが案外弾けません。普段はあまりやらないのですが,このようなテクニカルなところはこの手の練習は必要でしょう。片手で弾けないところが両手で弾ける訳はないでしょうから。

譜例2.右手のみのエクササイズ
鍵盤ですと,片手だけの練習でもちゃんとした音になっているので,つまらなく無いのですが,ギターの場合,右手だけの練習というのが,全て開放弦になってホ短調的?なデタラメな音になってしまうのがツラいところです。また,当然ながら左手の運指により右手の運指も変わってきます。こちらの開放弦右手楽譜も暫定版です。

私自身この曲を引っ張り出して練習しているところです。曲の各部で気が付いたところを書き出してみました(このシリーズ終)。
nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 10

コメント 2

アヨアン・イゴカー

>弦の順番と出る音の高さが逆転していますので,右手練習をしっかりしないと混乱してきます。第4や第5などの速い変奏曲部分もそうでしたが,コーダは全体的に右手の運指をきちんと決め,右手だけの練習が必要だと思います。

この練習の重要性は、バイオリンやチェロの弓使いに共通しています。独学ですので、好きなように練習しているのが根本的な原因ではありますが、暫く、ボウイングを軽んじて練習していました。右手(ボウイング)を意識して練習するようになって、左右の連携がしっかりして初めて、まともな音がするようになりました。
by アヨアン・イゴカー (2017-03-05 13:21) 

Enrique

アヨアン・イゴカーさん,ボウイングは大事ですね。
ギターの場合は右手に相当する訳ですが,左手は華々しく活躍しますが,右手は地味です。しかし,物理的に音を出しているのは右手なので,こちらが回らないと,音はしっかり出ません。
弦楽器は左手が先で右が後だと思われがちですが,殆どの場合は右が先で,左が押さえるのを待っているというのが正確なところです。
by Enrique (2017-03-06 06:22) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0