So-net無料ブログ作成
検索選択

電子楽譜時代到来? [雑感]

EnriqueImage.png
電子ペーパー式の楽譜専用タブレットが発売されるそうです。

GVIDOというそうで,noboruさんのコメントで知りました。

電子楽譜の使い方は,鍵盤楽器とその他の楽器でもかなり異なると思います。
鍵盤楽器では,楽器付属の譜面台に置いて使いますし,その他の楽器では譜面台を立てます。鍵盤では独奏の場合は暗譜で弾く事が多いですが,伴奏や合奏など合わせものの場合は譜面を見る事が殆どでしょう。オケや吹奏楽では皆楽譜を見ています。ギターは,暗譜と視奏の使い分けと言う点では鍵盤と一緒ですが,譜面の置き方としては譜面台を使うので,鍵盤以外の楽器の範疇だと思います。

さて,視奏の場合の最大の問題は譜めくりです。
譜めくりしやすいように,紙の楽譜を切り貼りするのは結構骨が折れます。そこで私は,iPadを譜面に使うということをぼちぼち実行していて記事にもしました。iPad Pro 12.9”とApple Pencilの出現と対応したアプリで,ほぼ実用レベルに達したと思いました。

iPad Pro 12.9”の画面サイズはほぼA4ですので,楽譜1ページ分(片面)に相当します。
一方,今回の電子ペーパーのものは,A4見開きで,楽譜2ページ分の表示ですから,紙の楽譜をほぼそのまま電子化したものと言っていいでしょう。紙の楽譜に馴染んだ人には違和感の無いものと言えるでしょう。使い勝手も良さそうです。

楽譜専用のタブレットですが,これがiPadなどの汎用機の楽譜化よりも強いかどうかがポイントでしょう。
使用OSの確認はしていませんが,SONYから分社化したVAIOが担当するそうでソフトの開発の問題は無いでしょう。紙の楽譜と同じサイズですが,電子ペーパーは自分では光らないので視認性は紙と同程度でしょうか。iPadなどの通常のタブレットではコントラストが高いので紙の楽譜よりも視認性が高いので,サイズは小さくても見やすいと思います。紙の楽譜をそのまま再現するのか,電子化によるメリットを利用するのかの考え方の違いがあろうかと思います。今回のGVIDOは前者です。一方,後者の発想としては,Googleグラスの様なものを使って空中像で楽譜を見れたら,従来の視奏の仕方も変わると思います。
nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: