So-net無料ブログ作成

「禁じられた遊び」の弾き方〜その第二歩〜 [演奏技術]

EnriqueImage.png
「禁じられた遊び」の弾き方を超具体的に見ています。今回はアルペジオの練習です。このアルペジオは前半に限らず曲を通して共通です。

前回はこの曲の前半について,メロディとベースだけを弾いてみました。スムーズに行きましたでしょうか?

今回はメロディに付随するアルペジオの練習です。ギターでは,このアルペジオが独特な効果を発揮します。3連符の拍頭の音がメロディになって,付随するアルペジオ伴奏は2音だけなのですが,メロディ自体と綾なして,もっと沢山あるようにも聞こえます。前々回の記事では,アルペジオ・パターンはオリジナルのルビーラ版の方が易しいと書きました。前半ではあまり関係ないのですが,演奏難度が上がる後半ホ長調部分をきちんと弾くにはルビーラ版の方が弾きやすいので,このパターンで練習します。もちろん,アルペジオ自体はイエペス版などの上からのパターンは易しいので練習しておいても構いません。

左手は何も押えずに,右手のみ,以下の練習をします。殆ど同パターンですが,7,8小節目のベースが⑤弦になることと,終了前2小節目の1拍ずつ④,⑤,⑥弦と動くところだけがイレギュラーです。ここも全て開放弦でも良いのですが,すでに「第一歩」のメロディ練習のところで,ベースの動きを把握されている筈ですので,これは音通り弾いてもらうのが良いでしょう。

「禁じられた遊び」前半,右手だけのエクササイズ
最初はごくゆっくりと,きちんと大きな音が出ることを確認しながら弾きます。
前回のメロディ演奏をイメージしながら,imは軽く付随的に入れらればOKです。確実に弾ける速度をだんだん上げて行って,♩=120くらいまで到達すればOKでしょう。無意識くらいに弾けた方がよいと思いますので,無理の無い速度にとどめます。

前回補足したブレスですが,今回の楽譜でも1段毎に切れ目だという意識を持ってもらえば,単なるメカニカル練習にはならないと思います。
nice!(8)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 8

コメント 4

プー太の父

私が中学生のときに友達に初めてギターを
教えてもらったのが「禁じられた遊び」でした。
素質がなかったのかあまり上達はしませんでしたけど(^_^)
by プー太の父 (2017-05-21 05:27) 

Enrique

プー太の父さん,これを弾くのが流行りました。前半のさわりは皆弾くのですが,後半のEメジャーの部分も含めて完奏する人は見たことがありませんでした。エレキやアコギをガンガン弾きまくる人でも,これが難しいと言っているのが不思議なのですが,これを弾けるかどうかが,その後クラギをやるかどうかの境目になる様な気がします。
この曲の音楽的レベルは初心者が取り組むには結構高く,少なくとも1年くらいは基礎をみっちりやった上で取り組むべきなのですが,何故か初心者が弾こうとするのですね。ムリもありません。これを直ぐ弾ける人は天才です。
by Enrique (2017-05-21 06:24) 

アヨアン・イゴカー

>前回はこの曲の前半について,メロディとベースだけを弾いてみました。スムーズに行きましたでしょうか?
まだスムーズではありません。もう少し練習しなければなりません。

>きちんと大きな音が出ることを確認しながら
まずは、大きな、濁りのない音を出せるようにするのが非常に大事だと感じています。
※Youtubeの村冶さんの演奏と比べると、別の楽器かと思われるほど音が異なるのでかなりショックを受けています。

>少なくとも1年くらいは基礎をみっちり
これは痛感しています。
練習する絶対的な時間数が不足していますが、その中でも最近感じるのは右手の指の練習不足です。左手に意識が行ってしまうために、右手の弾く弦の場所が迷い箸のようになって、隣の弦を弾いてしまったりします。
教則本にあるF.カルリの『ワルツ』ハ長調、D.アグアドの『エチュード』イ単調のアルペジオ練習を毎日10分くらいですがやるようにしています。他にも『浜辺の歌』ニ長調版、ソルの『アレグレット・モデラート』ニ長調もゆっくりと練習しています。
by アヨアン・イゴカー (2017-05-21 22:41) 

Enrique

アヨアン・イゴカーさん,どうしても左手に意識が行ってしまうので,これは右手だけの練習です。左手は音を出すわけでは無いので,大半の意識が音を出さない作業に費やされるため,良い音が出ないというジレンマに陥ります。
前回と今回,どちらが先でも構わないと思いますが,やはり別々に練習してみてそれぞれが納得レベルに達することが先決だと思います。
特にこの曲のこの部分は右手を弾く場所はほぼ変わらないので,ます右手を最後の和音を弾くときの様にしっかりセットして,位置を変えずに弾くのが肝要かと思います。
アグアドのアルペジオは良い練習になると思います。オリジナルは低音からの順番ですが,そのパターンを色々変えてやっておくことも良い練習です。
by Enrique (2017-05-22 05:54) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0