So-net無料ブログ作成
演奏家 ブログトップ

辻井伸行さんの快挙に思う [演奏家]

マヌエル・ベラスケスを連載している間に,嬉しいニュースが入っていた。
ギターではないのだが,ピアノの辻井伸行さんのバン・クライバーン国際ピアノコンクールでの優勝である。

辻井さんは生まれながらにして目が見えない。このことも,ニュース性の原因のようだ。やはり視覚の不自由な梯剛之さんがショパンコンクールに挑戦したときのドキュメンタリーは以前NHKで流されていた。音そのものには大変敏感なのだが,技術面では音が飛ぶ時にミスが出やすい。コンクールではやはり技術がモノをいうから,どうしても不利だということが実例で示されていた。今回の辻井さん,不利を跳ね返しての優勝,大いにたたえ喜びたい。

目が見えない人の演奏はその内容と共に音自体も違うような気がする。辻井さんに関してはTVでしか聞いていないし(CDがバカ売れだそうだ),ピアノ音の差は分かりにくいが,やはり目の見えないバイオリンの和波孝禧さんを以前聞いたが全然音が違っていた。柔らかくてささやきかけるような音色。ちょうどその直前アサド兄弟と競演した古澤巌さんの華々しい音を聞いていたので,もちろんどちらもよいのだが,こんなにも違うものかと思ったものだった。

辻井さんに関しては音色そのものはまだ分からないが,よく上手な若い人がやる「先生の言われるとおりに弾きました」風の演奏ではなく,「自らの意思と美感」で弾いているような気がすると,妻は言っていた。

言わずと知れたロドリーゴも盲目のピアニスト。無関係ではない。ギターでも,カナダのIoana Gandraburは目の見えないクラシック・ギタリスト。YouTubeでかなりの数の演奏ビデオがある。派手さはないが,やはりやさしい訥々とした演奏。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

福田進一スクールとギター再開 [演奏家]

昨日マヌエル・バルエコの最初の印象を書いたが,国内には,山下さんの後パリコンに優勝した俊英,福田さんがいた。それから村治さん,鈴木大介さん,大萩さんたち,お弟子さん方が続々登場した。福田さん始めメディアへの登場も多い。以前からも出ておられたのだろうが,注意していないと気がつかないものだ。福田さんは子供向けの音楽番組にも登場して,「ひざの上の音楽会」を開催。「たんごあんすかい」などを演奏された。上の子供が小学生の頃だから,やはり本格再開前夜。

余談だが,子供番組に出るというのは,余程の名手である。随分前だがセサミストリートをやっていた時,ゴミ箱の近くでバイオリンを弾いているおじさんがいる。やたらうまいなと思って良く見たら,パールマンだった。超大物が何食わぬ顔で出演していた。

村治(佳織)さんを最初に認識したのは,ひょっとしたら,師の福田さんの認識よりも前だったかも知れない。FMへの生出演だった。コストの「秋の木の葉」などを演奏されたが,伸びやかで美しく瑞々しい。昔のクラシックギターのイメージと随分違う気がした。ここら辺が,本格再開の刺激になったような気がする。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

マヌエル・バルエコ [演奏家]

warholizer12167ed56ced3b82f5bab3f7e9fd5d8918870075.jpg

マヌエルのつづきではないが,自分のブログを見返していて,バルエコの名前が無い事に気づいた。

実は本格的再開前はよく知らなかった。熱心にやっていたのが81年くらいまでだったので,そのころは全く知らなかった。彼は75年のトロント国際で入賞しているから,売り出し中ではあったのだろうが。山下さん,セルシェルあたりで時間がストップしていた。かの福田進一さんさえタッチの差で知らなかった(もちろん再開後,その活躍ぶりで第一人者と認識した次第)。

再開前後,「アメリカの名ギタリスト」として,NHK教育の「芸術劇場」でセルシェルなどと登場したので,遅まきながらその存在を知ることになった。ごまかしのない精密な演奏,昔のギターのイメージを吹き飛ばす演奏で,ビデオに録画して何度も聞いた記憶がある。右手の構えが,昔とかなり異なる。従来の,何かはれものに触るようなタッチでなく,自然なものだった。自分自身,手首はだらんと曲げて構えるものだと思っていたのが,彼の右手は異なった。また,殆どアポヤンドしない。和音の流しかたがまるでピックで弾くようなこと,ローポジションも何のためらいなく用い,音色が均等であることなど,後にそれが現代奏法というのだと知り,彼以降のギタリストにはそのような奏法が多いことに衝撃を受けた。

NHKの「芸術劇場」の演奏の内容は,武満の「すべては薄明のなかで」,バッハのリュート組曲第4番ホ長調,それにアルベニスのスペイン組曲と,一寸の隙もないプログラム。アンコールはロドリーゴのサパデアードで,技巧をまざまざと。圧巻はアルベニス。グラナダやアストリアス,セビリヤを含む全曲演奏。カタルーニャなどは見ていてもどう弾いているのかもわからないような技巧で,メロディ音は完璧に鳴り響く。すごい人がいたものだと感銘を受けた。再開に向けた一つの刺激だった。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
演奏家 ブログトップ