So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「NHK高校講座 音楽I」でのギターの扱い [雑感]

Enrique.png
「NHK高校講座 音楽I」というラジオ番組でギターが扱われていました。

こちらにそのライブラリーがあります。

その3学期の終りの方に,
第38回が「ギターは世界をめぐる ~世界の音楽(5)~ 」
第39回が「クラシックギターを弾こう ~楽しく演奏(4)~ 」
というのがありました。

これは高校1年生の音楽の授業です。
1,2,3学期通して第42コマまでですので,授業の最後の方に2コマ入っている形です。学校でもちょうど今頃学ばれている内容でしょう。

第38回は東京藝大の植村幸生氏の解説で,ギターの歴史とグローバル化とローカル化について手短に紹介されていますが,なかなか興味深く,文化論にもなっています。

クラシックギターと軌を一にするものの,音色や奏法が異なるスペインのフラメンコギター,中南米,北米・ハワイにわたっての電気ギターの発明などが紹介されます。電気ギターの発明以降,ギターの発祥の地と目される西アジアへの里帰りと日本への移入。ギターの広がりはグローバル化だが,各所での独特なローカルな音楽を産んだと。日本では古賀メロディが紹介されていました。三味線との関係がちらと述べられます。

第39回は鈴木大介さんが登場します。
生徒役が誰なのかよく分かりませんが,アランフェスの有名なメロディを低音でブツブツッと弾いています。「もうちょっとこうした方が良いよ」と言うアドヴァイスで,少し良くなります。TVでやってほしいところですが,今はYouTubeなどで幾らでも動画がありますし,むしろ音だけの方が,イマジネーションを働かせるのに良いのかもしれません。

一コマ20分の非常に短い講義ですが,結構内容が濃いものです。特にこれからギターを始めたい方や興味を持っているがその背景が知りたいという方には良い教材だと思います。もちろん,ギター関係は42コマのうちの2コマ分のみですが,他の音楽分野にも触れてみたいという向学心旺盛な方には他の授業を覗いてみるのも一興かもしれません。
nice!(9)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽

nice! 9

コメント 4

アヨアン・イゴカー

以前、ラジオでこういう番組を聴いたことがありましたが、最近はありません。
中味はかなり濃い物が多く、大変勉強になります。小学校、中学校、高校と、音楽を体系的に教わった記憶はありません。もっと、適当な教え方でした。それも悪くはないと思っていましたが。
by アヨアン・イゴカー (2018-02-11 08:15) 

Enrique

アヨアン・イゴカーさん,確かに,こんなに精緻な内容で教わったかしらん?という疑問はあります。いませんね。放送講座は,高校音楽といえ各分野の専門家がそのエッセンスを持ち寄った授業なのですから,1人の先生でこんな芸当ができる訳がありませんね。これはこれで素晴らしいですが,実際の学校の芸術科目でこれに対抗する必要性も無いとは思います。
by Enrique (2018-02-12 10:45) 

黒板六郎

こういう授業があったらギターに興味を持つ人が増えるでしょうね。
by 黒板六郎 (2018-02-12 17:23) 

Enrique

黒板六郎さん,このような授業でエレキギターにのみ異常に興味関心が行くのも是正されると良いと思いますね。
by Enrique (2018-02-12 17:53) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。